運輸安全マネジメントの関する取組みについて

株式会社北日本中央観光バスは、
輸送の安全確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全確保が最も重要であるという認識の徹底を図り、全社員が一丸となって業務を遂行し絶えず輸送の安全向上に努めます。

1.輸送の安全に関する基本的な方針
(1)社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
2.輸送の安全に関する重点施策
(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守すること。
(2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
(5)輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。
3.輸送の安全に関する目標及び状況
(1) 輸送の安全に関する目標と状況【平成29年度】
  1. 重大事故0件
  2. 有責・無責事故0件
  3. 法令違反0件
  4. 酒気帯び・健康管理起因による事故の防止
  5. 制限速度の厳守
  6. 目視での安全確認の徹底
[状況] 法令違反・重大事故は0件でしたが、回送中の有・無責合わせて6件あり目標達成とはなりませんでした。
引き続き来年度の目標として取り組んでいきます。
(2) 輸送の安全に関する目標【平成30年度】
  1. 重大事故0件
  2. 有責・無責事故0件
  3. 法令違反0件
  4. 日常点検不備によるトラブル0件
  5. 健康問題起因によるトラブル0件
  6. 出勤時の飲酒判明0件
4.輸送の安全に関する計画と実施状況
【平成29年度の輸送の安全に関する計画及び実施状況】
(1) 教育、研修の実施
運転者の年間教育計画を作成し研修・講習を実施しました。また外部機関の研修に参加させるなど、輸送の安全確保に向けた意識の向上を図りました。
  1. 一般運行管理者講習
  2. 運行管理者基礎講習
  3. 運行管理者試験
  4. 整備管理者講習
  5. 踏切事故防止講習
  6. 一般適正診断・適齢診断の受診
  7. タイヤチェーン装備訓練実技研修の実施
  8. ヒヤリハット事例の収集と共有・教育指導
(2) 交通安全運動実施期間中の事故防止運動を実施
  1. 春の全国交通安全運動 4月
  2. 夏の交通安全県民運動 7月
  3. 秋の全国交通安全運動 9月
  4. 冬の交通安全県民運動 12月
  5. 年末年始安全総点検  12月
  6. 第1回バス無事故運動 10月
  7. 第2回バス無事故運動 2月
(3) 安全会議
①安全対策会議
平成29年度年間計画の達成状況の確認と改善、次年度の目標と安全に必要な教育・訓練等の年間計画の決定。
②事故防止対策会議
乗務員よりヒヤリハット情報を収集し、事故防止のために対応策を講じました。
(4) ドライバーミーティング
輸送の安全確保を図るために、管理者とドライバーのコミュニケーションを構築し、現場の意見・提案を安全対策へ反映させることで、安全に関する意識の浸透を図りました。
(5) 事故惹起者への指導(該当者なし)
(6) その他輸送の安全に関し講じた措置
デジタルタコグラフの導入
貸切全車両に設置完了しました。
無線機の設置
昨年に引き続き未装備車への設置。全車両完了しました。
ドライブレコーダーの設置
乗合・特定、全車両に導入完了しました。
脳ドック検査の実施
貸切ドライバー全員受診済み。
【平成30年度の輸送の安全に関する計画】
(1) 輸送の安全に関する教育、研修の計画的な実施
(2) 交通安全運動実施期間中の事故防止運動の参加
(3) ドライバーミーティング(年2回)
(4) 安全対策会議(年1回)
(5) 事故惹起者への指導(事故発生時)
(6) 脳ドック検査の継続。
(7) 安全装備自動車(衝突被害軽減ブレーキ装備車、ノンステップ車両等)へ車両の代替計画。
5.安全管理規定
安全管理規定は別掲の通りです。
6.輸送の安全に係る組織体制および報告連絡体系
組織体制は別掲のとおりです。
事故・災害等に対する報告連絡体系は別掲のとおりです。
7.輸送の安全に関する情報の公開
輸送の安全に関する情報は積極的に公表します。
平成30年度の取り組み内容と前年度の取り組み結果をホームページに掲載。
8.輸送の安全に関する内部監査の実施
輸送の安全の確保状況を点検するために、適切な時期を定め年1回内部監査を実施します。
9.自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計
平成29年度は特定車両の1件でした。
(第2条11項、自動車の装置の故障により、自動車が運行できなくなつたもの)
10.安全統括管理者に関する情報
安全統括管理者 代表取締役 大江 昇